徒然なる日々

凸 ♂好きなオトコの語り場 凹

カテゴリー: バンコク&台北旅行記(H16.8)

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイもいいけど、台北もね~。

2004-09-20
バンコク&台北旅行記(H16.8)
平成16年8月27~30日(金・土・日・月)
 はっはっは、はしょりがミエミエだな、こりゃ。[:悲しい:]
じゃないと、明々後日にはまた台北なんだよー。(泣

8/27 朝8時台の飛行機なんで、頑張って早起き。
昨日、身体全部をリラックスしてもらったせいか、目覚めはスッキリ。
タクシーでドンムアン空港へ。

実は、バンコクでは新しい国際空港を現在、建設中なんです。
スワナプーミというバンコクの東側、パタヤへ行く途中って感じの
とこなんですが。開港予定は2005年秋、IATAは『ぜってー、ムリ!!』
と言ってるらしいのですが、タクシン首相と業者は間に合うと反論。
空港を運営する会社は、『遅れる』と言ってますが~。
確か、管制塔が世界一の高さになるとか。
でもこの建設費、日本からの借款です。(ぼそぼそ[:聞き耳を立てる:]

てことは、今使ってるドンムアンは国内線用になるらしいのですが、
未だに、なんか発着ゲート増やしてみたり。おいおい。
いい加減、遠いんですけど。

無事に台北到着。空港からはバスで。
これが100元(=約330円)[:!:] 安いな~。バス会社は4社あるので、
自分の泊まるホテルの近くにバス停のある会社を選んでね。

今回のホテルは、
緑峯大飯店』 中山北路2段77巷18号
ネット予約で1,650元。MRT淡水線の「雙連」駅から徒歩5分くらい。
国賓大飯店(空港バスはここで)が近くにあり、
中山北路から少し入ったところです。

病院@台北
















ビジネスホテル程度ですが、ベットも大きいし、TVはCATVで100ch
はあるんじゃないかな。NHK他日本語は5chくらい。[:テレビ:]
冷蔵庫は小さいですが、近所のコンビニで買った飲み物くらい
なら十分でしょ。上に書いた値段で、税・サ、朝食込みです。
朝食は和・洋・粥の3種類の定食から選びます。[:ホットコーヒー:]

緑峯大飯店@室内1















あのバス・トイレはタイルなんだけど、広さはね。
でもいちおーバスタブもあります。ただ、一個問題が
それは、トイレットペーパーが、便座に座ると左後ろなんです。
便座が壁に近いんで、付けられなかったんだろうけど。。。。[:ショック:]
朝っぱらから、一人ヨガ状態に。

緑峯大飯店@室内2
















フロントの方は日本語が分かるんで、色々教えてもらえます。
中山北路と林森北路 [:熱燗:] の間にあるんで、周りには飲む食べ所は
いっぱいあります。屋台も出てたしね。ちなみに、魯肉飯と
フルーツを買ってみました。

*台北で買ったお土産(?)
 ・JAYのCD
 ・凍頂烏龍茶&龍井茶
 ・『17歳的天空』の写真集

楽しい滞在を過ごし、8時台とまたまた朝早く空港へ。
国賓大飯店のバス停で待ってると、違うバスが。。。。?
運ちゃんが『空港だろ、100元でいいよ』と言ってる様子。
団体さんのお出迎えに行く途中で、小遣い稼ぎかな~、
いけると判断し、乗せてもらうことに。こっちのが座席も広くていいや。

ちょっと最後は駆け足になってしまいましたが、久々の海外で
楽しかったです。やっぱ、たまには日本を離れないとね。
台北でのサウナ訪問は、下に。興味のある方はどうぞ。

続きを読む

スポンサーサイト

むふ、気持ちいい~。

2004-09-12
バンコク&台北旅行記(H16.8)
平成16年8月26日(木)続き

 買い物も終わって、部屋で一休み。
帰りがけに、屋台で焼き鳥(?)みたいなのを買って帰る。一本=5B
焼きタレは甘めなんだけど、ピリ辛な掛けダレで美味い、美味い。
部屋でシャワーを浴びて、お昼寝。[:zzz:]

日も暮れて、さあどこ行くかと思いつつ、モトサイでBTSの
サラデーンの駅へ。Hな場所を色々考えてると、改札通ったとこで、
タイ人の友達と鉢合わせして、ビックリ!!待ち合わせてたわけでも
なかったんで、すっげー驚いちゃった。

結局、スクンビットの『HERO』に行くことに。
ここはBOYSマッサージのお店。駅からちょっと遠いんで、モトサイで。
お気楽極楽なマネージャーに聞きつつ、マッサージの上手い子を
チョイス。まったく、店子って万国共通なんだから。

個室が空いてなから待たされる。まったくー。
なんか工事してるみたいで、部屋数少ないのかな~。
待ってる間も、各国のホモがやってくる。韓国とかだと、見た目
日本人と似てるかんな~、でもファッションセンスがちゃうかな。

30分近く待たされて、やっと部屋へ。
真っ裸になって、オイル・マッサージ。気持ちええ~~~~。
やっぱ、この子上手だわー。
正直言うと、知ってるんだよね、この子。
前に他の店でも指名したことあるんだ。それを言うと、
すっごい喜んでくれて、キスの嵐。(笑[:ときめき:]

もちろん、スペシャル有りだよ~ん。[:汗:]
気持ちよかったですー。
明日の朝は早いんで、大人しく部屋へ戻りました。
だって、カラダも玉袋もすっかり軽くなってもーたし。

いざ、地下鉄初乗り~!!

2004-09-12
バンコク&台北旅行記(H16.8)
平成16年8月26日(木)

 タイに滞在してるにしては、珍しく朝飯に間に合ったんで、[:パン:]
2Fのレストランに。ここのサービス・アパートは、ロビーのある
1F(表示は『G』)以外の階、もちろん自分の部屋に戻る時も、
エレベーターのボタンを押すために部屋のカード・キーを入れないと
押せないようになってる。安全なんだけど、ちょい面倒かな。

朝食は普通のバフェ、品数は少なめだけど、お粥・パン・シリアルなど
一通りは揃ってる。オムレツをその場で焼いてもらって、パンに
コーヒー。ああ、普通のコーヒーはええ。なぜかというと、タイでは
コーヒーはけっこうインスタントが幅をきかせてるもんで。[:ホットコーヒー:]

朝食後は、いよいよ地下鉄に。[:!:]
Silomの駅まで歩いてみる。画像では写ってないかもだけど、
地下鉄への入り口は、歩道より嵩上げして高くしてある。
これは、洪水対策のためのもの。[:雨:]
切符売り場に行って、自動販売機を見て、びっくり!!
お札が使える~~~~っ!! BTSは小銭しか使えないから。


Silom駅



でも2台ある機械の1台は故障中。もう1台に係員が付いてるけど、
なんかダメっぽい。で、窓口で購入。(笑
切符といっても、トークンという黒い碁石よりもうちょっと厚いようなのが切符になってる。これを自動改札にかざすと入れる。


ホームに下りると、電車が入ってくるホームの端に仕切りが。
そう、首都圏の方だと、南北線でお馴染みのヤツです。
電車のドアと仕切りのドアが同じ位置になって、両方が開いて、
乗り降りするんですねー。

いざ乗り込んでみると、BTSと同じシーメンス製の車両なんで
雰囲気はよく似てる。でもけっこう空いてるな~。
やっぱ10B均一じゃなくなったから、減ったみたい。
BTSとの接続駅のスクンビットで降りて、乗り換える。[:電車:]
接続といっても、いったん外には出るんだけどね。
BTSは『One Day Pass』を買ったんで、今日一日乗り放題。

ナナで降りて、旅行代理店で支払いを済まして、サイアム駅に。
駅からつながるサイアム・センターやサイアム・ディスカバリー
っていう色んなお店の入ったビルに。
まだ時間も早いんで、サイアム・ディスカバリーの6F(?)にある
映画館で映画を見ることに。[:映画:]

タイでは、ハリウッド作品なんか日本よりずっと早く公開される場合
が多い。英語音声にタイ語字幕なんだけどね。アクションものとか、
続きものとかなら英語分からなくても楽しいよ。
で、『ボーン・スプレマシー』を見ることに。これが120B(350円くらい)
日本と同じようなシネコンスタイル、チケット買う時に画面見て、
座席も指定できます。日本より劇場の角度が急なんで、前の人の
頭は気になりにくいかも。空いてたんで、俺はど真ん中の通路前。
足を投げ出してみれる。

タイの映画館では、本編上映前に必ず国王様の映像が流れます。
その時は、敬意の表現として全員が起立します。別に、たいした手間でも
ないんで、是非ご起立を。思想とか政治信条とかはこの際抜きにして、
慣習としてでけっこうです。モノを知らないのか悪ぶってるのか、
起立しない外国人もいますが、かえって見苦しいと俺は思うけど。


映画は、マット・デイモンが張り切って、インドからドイツ
ロシアと飛び回ります。ドイツ語やロシア語もしゃべれちゃう(役でね)。
確か、前作ではフランス語とかだったから、映画の度に大変だね。

映画の後は、MBKへ。ここは東急も入ってるショッピング・センター。
4Fくらいまでは、小さなお店が所狭しと密集した感じ。
上の方には映画館とボウリングもあります。食事はいろんなテナントが
入ってますが、俺のオススメは、4Fのクーポン食堂。[:おでん:]

MBK








いくつかあるブースでお金をクーポンに変えたら、さあ何食べよう。
俺は、ご飯におかず2種類ぶっかけたやつと、スイカ・ジュースを。
余ったクーポンは、当日ならリファンドのブースでお金に戻せます。

その後はお買い物。
会社へのお土産にフルーツ・チップスを。これは、女性陣のご指定
なんで。前に友達のお土産で貰ってたのを、会社もってってあげたら
大好評だったんで、今回は指名買い。
自分のものは、タイPOPSのVCDを何枚か。

荷物も増えたんで、いったん部屋に戻ることに。

いよいよ。。。。。お楽しみ

2004-09-07
バンコク&台北旅行記(H16.8)
平成16年8月25日(水)夜

 部屋に落ち着いて、汗びっしょりだったんで早速シャワー。
着替え終わって一息ついたとこで、早速お出かけ~。
近くでもあるし、行ったことないんで、今晩は、
STUD SAUNA』に出撃することに。[:ジョギング:]

 STUD SAUNA
 毎日:PM4~AM2
2003年末 新規オープン 
 1階:受付、ロッカー、休憩(読書エリア)、食堂 
 2階:サウナ(スチーム・ドライ)、カラオケ、ビデオ
 3階:ダークゾーン(迷路・個室)
清潔感はイマイチながら、コンパクトにまとまっています。 
個室にはジェル&ティッシュも用意されており、レストランでは
コーラ&軽食が提供されていました。
シーロムの夜遊びエリアからも近く、お安い料金設定なので
今後の盛り上がりが楽しみな施設です。


[:ダイヤ:]あの~、ノンケの方々のためにご注意。
このBlogで語られるサウナは基本的にホモ同士の出会いの場
になっておりますので、興味の無い方はお見捨ておきを。


場所は、マレーシア・ホテルからラマ?に向かって、3,4分
歩いた辺りの左側です。バビロンからも、そう遠くない。

8時過ぎに入室、お代は180B、ロッカーは確か47番。
平日で、多いのか少ないのか。
ロッカーで着替えて、館内を見て廻る。
2Fのシャワーはアウトドア、テラスに面してって感じ。
ジャグジーもあったな~、誰もいなかったけど。
3Fにも行ったけど、あんま人がいない。[:ショック:]で、下に降りることに。

食堂に行くと、やっぱみんなお食事タイム。
カオ・パット(焼飯)ともう一品、フルーツにコーラとナムソム。
ローカルなサウナでは、飲み物や食べ物を出すとこがあるんだけど、
やっぱみなさん元を取るためか、とりあえず食う![:食事:]

俺も食いすぎない程度に腹に入れてから、上へあがりだすのを見て、
3Fに。上がろうとすると、3Fへの階段でタオルを取られる。
かわりにスケスケの布(?)を渡される

9時以降は、こ~いうシステムみたい。腰に捲いても、
モノはバッチリ見える。(笑)[:汗:]

普通体型の27の子と個室へ。
口と手でお互い抜きあって、フィニッシュ。
あんまし人数もいないんで、これで退散することに。

シーロムに戻ったのが10時半過ぎ。
さっそく大好きなタイ古式マッサージに。
1時間半、たっぷり揉み解してもらう。あ~、気持ちいい~。[:グッド:]
すっかり脱力して、ホテルにご帰還。

[:ラブ:]サウナの情報は、『あじあ男湯紀行』を参考にさせて頂いております。
 わいたさん、多謝

タイよ、私は帰ってきた!! ←アホ

2004-09-04
バンコク&台北旅行記(H16.8)
平成16年8月25日(水)夕方

 1時間ほど遅れて、ドンムアン空港に到着。
この位の影響で済んでよかったと思わなきゃいけないのかな~。

空港からは、リムジンサービス(800Bくらい)、タクシー(300Bくらい)
という手もあるけど、この位の時間なら俺はエアポートバス(100B)で。
Silom通りのサラデーンで下車。夜遅い到着じゃなきゃ、たいてい
このバスを使ってます、安いし便利。[:拍手:]

今回のバンコクでの宿は、『センターポイント・サラデーン
っていうサービス・アパート。日本ではまだなじみが少ないけど、
家具や清掃・リネンの付いたアパートで、月や週単位で借りるもの。
中には、こ~やって日割りでも借りれるところもあって、ホテル代わりに。
同料金のホテルと比べると、広かったり、設備がよかったり。[:ビル:]


センターポイント・サラデーン






ちょっと画像が悪いけど、参考に見てみて。
ここは出来てまだ何ヶ月ってことで、とてもキレイな部屋。
ドア開けて、入り口にキッチン。大きめの冷蔵庫も。[:食事:]
ベットはクイーン・サイズ、TVは29インチくらい、NHKも見れます。
CD/VCD/DVDのかけられるミニコンポもありました。[:カラオケ:]
これで、一泊2,000B。一人でも二人でも一緒。朝食付きです。

立地は、慣れてない人にはイマイチかな。
BTSのサラデーン駅、地下鉄のシーロム駅どちらからも、徒歩だと
10分ちょっと歩きます。俺は、モトサイ(バイクの後ろに乗るやつ)
を使ってたから、そんなに苦にはならなかったけど。




いつになったら王国へ~

2004-09-02
バンコク&台北旅行記(H16.8)
平成16年8月25日(水)昼頃

 成田の出発は定刻のはずだったのに、なかなか離陸の
許可が出ないみてーで、やっぱ20分位遅れることになった、っち!
乗ってしまえば、3時間ちょっとで台北に。[:飛行機:]

台風の余波か、雨が降る台北に20分ほど遅れて到着。
元々1時間ほどの乗り継ぎ時間しかないから、飛行機から降りるや
いなやダッシュ!![:ジョギング:]

GATEの確認のため、出発案内のモニターを見る。
『あ~っ!!!!』
そこには、前日の22:00台の出発便の時間変更の案内が。

なんてこった!これっじゃあ、俺の乗る便が何時に出るのかも
わかりゃあしないぜ。ったくー。[:ショック:]
トランスファー・カウンターにはもう既に、列が出来ている。
ここでいいかも分かんないけど、とりあえず並んで、
ボーディング・パスを貰わなきゃ。

なんかバンコク便に限らず、色んな便の乗客が並んでる。
じりじりしながら待つと、ようやく俺の番。バンコク行きの
発券をしてもらって、一息。GATEに向かうことに。
ここで、俺の二人くらい後ろに並んでたオジサン。
成田で台北・バンコク間のチケットを切られちゃったらしく、
カウンターで押し問答してる。
皆さんも、ボーディングを貰ってない分のチケットは、
必ず返してもらいましょうね。

GATEにたどりついても、もちろんまだまだ飛行機が飛び立とう
なんて気配は微塵もない。
いつまで待つことになるのやら。

でもま、1時間ほど遅れてようやく飛行機に乗り込むことに。
なんかちょっと空いてるみたいだから、扉しめたら誰もいない
席に移ろうと思って、ジリジリしてたんだけど、なかなか
ドアクローズしやがんない。まだ来てない客が18人いるとか。
はぁ~。 [:怒りマーク:]

来たら戻ればいいと思って、空いてる席に移っちゃった。
結局、俺の席には誰も来なかったんで、真ん中の4人掛けを
一人で占領。むふ~[:嬉しい:]
1時間半遅れで、台北を出発しました。

いまいち不安な旅立ち~

2004-09-02
バンコク&台北旅行記(H16.8)
平成16年8月25日(水)

 いよいよ出発なんだが、8時台のチャイナ(中華航空)に乗るには
5時前に起きて支度せなあかんのよねー、あ~眠い~。毎度の様に、
出発間際にバタバタと荷物を詰め込んで、といっても足りないのや
忘れ物があっても、現地で買えばいいやということで。
さて、行くか。[:グッド:]

上野からスカイライナーで空港へ。JRでNEX(成田エクスプレス)っていう
手もあるんだけど、京成のが1,000円以上安いしね。[:電車:]

成田空港に到着。8月だけどお盆時期から外れてるせいか、そんな
混んではいない。早速、チェックイン・カウンターに。
いつもはここで、成田→台北・台北→バンコクの2枚のボーディング・パス
をくれるんだけど、この日は台北が台風直撃[:強風:]をくらって前日から
チャイナのスケジュールがメチャみたいで、たぶん機材繰りが
はっきりしないためか、
台北から先の発券は台北の中正国際空港に
着いてから、トランスファー・カウンターで貰ってくれとのこと。

ああ~、やっぱ台風の影響は出ちったな~。[:汗:]
先の心配をしてもしょ~がない、成田の出発は定刻みたいだ。

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © katu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。