徒然なる日々

凸 ♂好きなオトコの語り場 凹

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ戦-雑感-

2004-12-17
サッカー日本代表
昨日のドイツ戦の感想なんぞ。。。。

「キリンチャレンジカップ2004」ジーコ・ジャパンがドイツの壁に完敗した。2006年ドイツW杯出場を目指す日本代表が、W杯3度優勝、02年日韓W杯でも準優勝した強豪ドイツ代表と初対戦し、0―3で敗れた。日本は高原直泰(25)=ハンブルガーSV=が2トップの一角に入り、約半年ぶりに代表復帰のMF稲本潤一(25)=ウェストブロミッジ=が守備的MFで先発したが、攻撃陣はGKカーンから得点を奪えず、守備陣も後半3失点。来年2月9日の北朝鮮戦で火ぶたを切るW杯アジア最終予選に向けて課題を残した。


サッカー=キリンチャレンジ、日本がドイツに0―3で完敗









前半こそ0-0で終わったものの、攻め込まれるシーンが多く、最近得意な
GOALからの掻き出し技で救われる。ボランチの2人が押し込まれ、バックス
に溶け込んでるようじゃあ、カウンターも起点が後ろ過ぎて、プレスに
引っかかってばかり。
ドイツのバックスの位置取りが割りと高く保ってた。ユーロの反省?
コンパクトになった中盤を突破できない日本。
左サイドが押し込まれて、サントスは効果的に上がれない。

右サイドから何度かは、いい形を作れたものの、どうにも単発!

サッカードイツ戦・完敗の日本代表








後半は、楢崎がキャッチングにいってこぼしたところを、クローゼに
決められ失点。そこから、あれよという間に3点取られて終了。

サッカードイツ戦・攻め込む三都主









三浦淳が入って、前目に出れてからやっとサントスも動き出し、
最大の得点チャンスを作るも、カーンに阻まれる。

ジーコ監督も「ドイツ、ブラジル、アルゼンチンなど強国が相手だと
ミス絡みで失点する」と厳しい口調で問題点を明かした。

選手も試合後に『ミスが。。。』『ミスを逃さず。。。』って言ってたけど、
なんか何年も前からそんなセリフは聞いてきたはずなのに。
この後に及んで、まだ言うか![:怒り:]

1.ドイツが中盤をコンパクトにして、ボールを止めずに前へ運んで
 シュートに結び付けていたように見えたのに対し、いちいちボール止めて
 受け手を捜してたら、そりゃ取られるでしょ。小笠原以外は、キープすら
 ままならないのに。

2.急造のバックスは分かるけど、何度真ん中空けてんだい。
 ボランチも含め、もうちょっと修正しよーぜ、試合中でも。

3.やっぱこれか。。。
 出場出来ない選手を招集して、ど~すんの?
 試合後にコンディショニングがどうこう言ったって、しょうがないでしょ。

4.大久保、まだその程度なんだぜ。頑張らなきゃ、通用しないぜ。
 FW受難のリーガ・エスパニョーラなんだから。

代表復帰となった稲本潤一

















個人的には、出来はまだまだだけど、稲が戻ってきたのが嬉しい。
やっぱあのベビーフェイスがいないとね。[:グッド:]
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドイツ戦で日本が得たものは?

今年最後の代表戦となるドイツ戦、稲本の復帰が注目されましたが、他の中盤の海外組は不在で、DF陣もケガなどでベストメンバーが組めず、強豪ドイツ相手に今の日本の力を試すわけでも最終予選に向けた新戦力のテストでもない中途半端な意味合いの戦いになってしまいま

サッカー日本代表、ドイツに完敗。

 前半は久しぶりに良かったです。序盤相手に主導権を握られましたが、ディフェンシヴフォワードの鈴木がよくプレッシャーをかけ、徐々に相手のペースに慣れていきました。 が、後半バラックのフリーキックを楢崎がキャッチミス。初めて対戦する相手が蹴るボールの質

キリンチャレンジカップ 2004 日本代表 vs ドイツ代表

分かってた事だけどデカイね、ドイツは。日本のグラウンドがこんなに狭く感じたのは久しぶり。試合が始まる前からびびったよ。案の定、あの小笠原 満男でさえ歯が立たなかったね。福西 崇史や稲本 潤一にしても同じだった。ファールゲッター鈴木 隆行にしても

日本vsドイツ

いや~やっぱドイツは強いやね。力の差をかなり感じたね。決定的チャンスもほとんどな く点の入る気配はなかった。つーかもう鈴木は代表にいらないでしょ。さすがにそろそろ ジーコも気づけよ。最初から玉田or大久保の方がよかったぞ。バラックのうまさが見れて よか

コメントの投稿

非公開コメント

>おおやしさん



 コメントありがとうございます。

やっぱボールを蹴る以前の動きの質を高めないとダメですね。



鈴木は普段通りではあったと思います。そーいう意味では及第なんでしょう。

でもそれではドイツ相手には仕事ができないってことなんでしょうね。



>heitaさん



 TBありがとうございます。

そうですね、もうちょっと組み合わせを考えて欲しかったけど、今年の代表では

召集メンバーからすると、あれしかなかったんでしょう、ジーコ的には。

前半、ドイツDFがあんだけ高めに張るとは思わなかったけど、

それをどう崩すかっていうオプションは持ってて欲しかった。

2年前まで、さんざっぱらやらされてたんだから。(^o^)

トラバありがとうございました。楽天日記のheitaです。

スタメンの前4人(高原・鈴木・小笠原・藤田)は裏へ抜けるスピードがない選手ばかりだったんできつかったですね。

藤田はFWがポストになってキープしてくれれば抜け出せたでしょうけど、高原も鈴木もあそこまで下がっちゃダメでしょ。

玉田か大久保を前半から使ってれば、ドイツのDFラインをもう少し下げさせられて、ここまで力の差を見せつけられる展開にはならなかったかもしれないのに。

TBありがとうございました!SOCCER21のおおやしと申します。

おっしゃるとおり、ドイツとのパス回しや動き出しの差が得点差に現れてしまいましたね。



鈴木の話ですが、結果的には鈴木の交代が分かれ目だったように思います。起点作りや豊富な運動量、高い守備意識はなかなか真似できませんしね。もう少しいい位置でキープしてくれれば、さらに高原や小笠原も生きてくると思うのですが・・・。

>DAIさん



 TB含めて、サンキューです。

鈴木は汚れ役っつーか、潰れ役をこなしてくれるけど、今回はさすがに

それもままならなかった気がするよ。アジアでは、いけるけど。



ジーコは結局選手なりのチームでしかないから、今回みたく宮本がダメ、中澤がダメってなると、またイチから作らないとってなってしまう。

アジア杯みたく、最後までもてばいいんだけどね。

俺は鈴木は必要だと思うな。ジーコに全く不満なし(笑)。世界に向けて日本サッカーの誇りを伝えてくれるって思ってるよ。

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © katu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。