徒然なる日々

凸 ♂好きなオトコの語り場 凹

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマトラ島西方地震~津波・続報~

2004-12-29
タイねた
日がたち、救出活動や報道が拡がるにつれ、更に被害の総枠が
膨れ上がっているかのように思える。
いつの間にか、死者は万の単位で語られるようになり、日本人の方の
訃報も届いている。

路上に多数の遺体…タイ南部・カオラック

在バンコク日本大使館の1等書記官、吉野貞行さん(41)と小学生の長男が消息を絶ったタイ南部のリゾート地、カオラック。津波に直撃された海岸沿いでは27日、倒壊したホテルの下から次々と遺体が運び出された。


昨日からプーケットからの報道は多く、詳細が伝わってきているのだが、
それ以上に心配していたのが、その北に位置する、このパンガー県
カオラックなどだったんです。

パンガーphang-ngamap1
パンガーphang-ngamap2
phang-ngamap3

















場所は地図を参照してもらうとして、心配していた理由は。
プーケットはタイ最大の島なんですが、島の真ん中が山(たいした高さでは
ないですが)になっており、また被害にあった西海岸も、点在するいくつかの
ビーチとビーチの間は、岬状になっている(伊豆半島東海岸をイメージすると
分かり易いかな)ので、津波を避ける小高い場所っていうのがあるんだよね。

でもカオラックみたいなビーチは、内陸に向かって平坦だから、
津波のエネルギーをまともに受けてしまう。

phangnga6
















俗化の激しいプーケットではなく、新しいビーチリゾートとしてホテルなども
増えてきていた、カオラック。また、ダイブ・スポットである
シミラン諸島へも3時間(プーケからは8時間)と近い。

一日も早い復興を願ってやみません。

*パンガーについては、こちらなど参照してみて下さい。

 パンガー案内
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界中の人が…

Excite エキサイト皆様、ご心配をおかけいたしましたが、私は無事にバンコクに戻ってまいりました。津波の当日は、インドネシアのバリにいましたが、バリはスマトラからは遠く、特に地震も感じずに被害はありませんでした。本当は、バリで年越

フンボルトの指摘する、火山噴火と地震の連動性

ダーウィンに先立ち、火山噴火と地震の関連性を考察したのはアレキサンダー フォン フンボルトでした。1799年、フンボルトはスペイン、アルハンブラの宮廷に、国王カルロス四世を尋ね、ベネズエラ行きの船に乗船許可を得て、南米へと旅立ちます。時に、ナポレ

コメントの投稿

非公開コメント

>U-1さん



 いらっしゃ~い。

いえいえ、コメントまでわざわざすみません。

そうなんですよね、インド洋周辺図で被害状況のフリップを作る

TVとかが多いのですが、すっぽり抜け落ちているのが、ミャンマー。



やはり首相交代劇が響いているんでしょうか。

元々、情報は少ない国なので。

隣国であり経済含めて関係の深いタイには、ある程度は出てくる

と思いますから、待つしかないですね。

TBのみで、申し訳ありませんでした。

カオラックビーチで、ホテル倒壊ということは、ビルマ側にも相当の被害が、出ているんでしょうね。

ビルマの情報ぜんぜん聞きません。

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © katu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。