徒然なる日々

凸 ♂好きなオトコの語り場 凹

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして、国立の戦い!

2005-01-08
モノこと
正月を彩る風物詩の一つでもある、第83回全国高校サッカー選手権も、
ついに、国立に4校を迎え、準決勝が行われている。

交差する守護神2人
























 やはりトーナメント戦ということで、どうしても負けない闘いに
なるのはしかたないことか。技術・テクニックではやはりクラブユース
のが見てて楽しいかな。

限られた3年を同世代の選手が、同じものを目指して戦う高校サッカーも
それはそれで楽しいんだけどね。
結果と将来に繋がる内容との両立が求められて大変だろうけど、
まあどのレベルでもそれはあるからね。
ただ、ユースでは基本(止める、蹴る)とチャレンジを求めたいね。

昨年は、ここに平山がいたんだな~。
怪物と呼ばれた平山(まあ、そのままオリンピックまで出たわけだし)
ほどの選手はいないが、それでも今後のこの世代を引っ張っていくだろう、
楽しみな選手を見付けるのが楽しい。

















そんな中で注目して見てたのが、国見の渡邉鵬翔の興梠かな。
まあ二人とも決勝までは辿り着かなかったけど。

国見の主将・渡邉千真


















興梠慎三(中央)を中心に鋭い攻撃を仕掛けた鵬翔
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国見の子と鹿実の子に会って話しちゃった

今日は全体練習。久しぶりな上に個人練習が全く出来ていなかったので、めちゃくちゃ不安だった。今日は対戦相手が遠征に来ていて、来週大会だからと気合が入っていた。1時間早めに行って練習をしてからの練習試合。やっぱりインステップのキックがやばい

コメントの投稿

非公開コメント

>DAIさん



 TBありがとうございます。

ユース選手権とかだと、技術差を何で埋めるかっていう、

今までにあまりなかった課題を克服することが求められるように

なってきてますね。

これって、どの世代で世界に出ても同じことが求められると思うんで、

いいトライアルだと思うんですよね。

こんにちは。

確かに技術的な差は感じる様になってきたよね。

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © katu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。