徒然なる日々

凸 ♂好きなオトコの語り場 凹

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初戦!対北朝鮮戦を終えて

2005-02-11
サッカー日本代表
 2006ドイツW杯アジア最終予選B組
初戦にHOMEに迎えたのは、北朝鮮だった。
ジョホールバルの歓喜に酔ってから、もう8年が経っているんだ。また、あの厳しい予選がついに始まった。

ピッチに立ったのは、シリア戦と同じメンバー。
ジョホールバルのピッチと重なるのは、GKの川口ただ一人。
去年のヨーロッパ遠征やアジア杯の優勝を経てはいたが、
ガチンコのW杯最終予選の経験は、皆無と言っていい面子だった。

試合開始とともに、Jリーガー二名を含む北朝鮮イレブンに、
日本代表は積極的に前へ出たかに見えた。
 20050210232247.jpg

試合開始からわずか、小笠原のFKがGOALに吸い込まれる。
日本、先制!!
願ってもない先取点を得て、先日のカザフスタン戦が思い起こされた。

だが、ここからが違っていた。
先取点を上げた後、日本の選手の足取りが不思議に重くなったように見えた。
あまりにあっけなく点を取ってしまったからなのか、
更に攻めるのか、ムリせずに守るのか、全員が迷ってしまったかのよう。。。

ボールが足につかず(君だよ、サントス君!)、徐々に北朝鮮のパスがつながる
ようになるとともに、押し込まれるようになってきた。

北朝鮮は前半から積極的にメンバーを換え、それがボールの回りを
良くするという循環だった。日本は崩れたリズムを立て直すことも出来ず、
なんとか前半を1-0で終える。

ハーフタイムを挟んでも、日本の動きは良くならなかった。
ついに、中盤で奪われたボールを素早く繋がれ、左サイドから
アウトに掛けたボールが、川口の逆をついてGOALに転がった。
ついに、同点。

ここで、ようやくジーコが動く。
先発を外した、高原・中村を投入し、流れを強引に変えにいく。
20050210231928.jpg

中村は小笠原と変えずに、田中誠と交代。3-5-2から4-4-2へと
システムも変更して賭けに出る。
中村が左へ流れながら溜めを作るようになり、ようやく日本の攻撃に
リズムが生まれるようになる。小笠原と二人でボールの落ち着きどころ
を作れるようになり、ボランチが上がるようになる。

北朝鮮ゴール前で、高原のヘッド、こぼれ球とチャンスは作るものの
GOALを割れないまま時間が過ぎる。
ついに、ジーコは3枚目のカードを切る。大黒の投入である。

後半もロスタイムに入って、北朝鮮GKがパンチングで逃れたボールを
福西→大黒へ、ついに勝ち越しGOALが決まる。
20050210232152.jpg

待望の勝ち点3を上げた日本。
だが、ここまで苦労するとはね。
6月のAWAY戦は、そうとう頑張らないとな。
20050210232007.jpg


★気付いたこと
1.いかに調整マッチと最終予選本戦との間に、精神的な重圧の差があるか。
 あの2試合の好調なんぞ、なんの役にも立ってねー。
2.北朝鮮のGKって、正直、下手だったんじゃない?
 パンチングも(( アタフタ(^^;)だったような。でも割れないんだけどさ
3.小笠原よ~、FK決めただけじゃあやっぱ俊輔との差は歴然だろ。
 肝心な試合で消える時間多すぎだぞ。
4.サントス!この試合で君はイエローを得たのが成果だ。
 イラン戦では三浦淳が見れる!
5.海外組の投入から、ボールの動き・落ち着きが出たのは事実。
 やっぱ普段それだけキツいとこでやってるからかな。

引き分けで勝ち点1なんて、結果に終わらなくて良かった。
結局は、どれだけ勝ち点を拾えるかが勝負なのがこの予選。
イランは引き分けて、いちおー首位だが。
来月は、そのイランとのAWAY線、とんぼ返りでHOMEでの試合と
連戦が待ち構えている。

狙うのは当然3連勝だ!!頑張れ日本!

20050210232127.jpg


こ~やって、玉田と安英学が互いを敵としてピッチに立ってるのって、
色々考えることもあるけどさ。
でも政治だの拉致だのを離れて、ピッチでしのぎを削りあう姿っていいよね。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本が北朝鮮を撃破

 サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア最終予選B組初戦の日本ー北朝鮮は9日、さいたま市の埼玉スタジアムで五万九千三百九十九人の観客を集めて行われ、日本が2-1で競り勝ち、W杯三大会連続出場に向けて苦しみながら初戦を切り抜けた。

最貧国に勝って馬鹿騒ぎするのは大人げないですよ。

どうやらサッカーで買ったみたいですね。まぁ、経済にはプラスに 結びつくから自分はよかったと思うのですが、騒ぎすぎですよ。 向うは国としての体裁をなしていない最貧国ですよ。 日本vs北朝鮮47.2% http://news.goo.ne.jp/news/sanspo/geino/20050211/12005021101

WC最終予選!

 ただ今、ドイツワールドカップ・アジア最終予選、 日本vs.北朝鮮が放送されております。  日本は小笠原選手のフリーキックで一点を先制。 ここまで見た印象では、北朝鮮はかなりスピードが あり、堅いプレーをしているようです。

何とか勝った。北朝鮮戦。

・小笠原のFKはきれいだった。・北朝鮮相手に苦戦してんじゃねーよ。・押していたんだけどなー!・最後は大黒の勝負強さに救われたな。・ジーコは悪運強いね。・もっと圧倒的な強さを見せられないのかな。・とりあえず勝ち点3。・この劇的勝利で盛り上がん

日本、辛勝

なんとか北朝鮮に勝利。この勝ち点3はとても貴重なものだろう。

W杯アジア最終予選初戦に辛くも勝利

 本当に危なかったですねえ。はあ、疲れたあ。何かと世間を騒がせた北朝鮮戦に辛くも後半ロスタイムの大黒のゴールで2-1で勝利しました。 戦前の予想が当たってしまい、日本は自分達の本来のパフォーマンスを出すことができず苦戦しました。前半4分に先制するという最高の

コメントの投稿

非公開コメント

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © katu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。