徒然なる日々

凸 ♂好きなオトコの語り場 凹

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリン杯サッカー2005 ペルー戦

2005-05-22
サッカー日本代表
 来月のバーレーン・北朝鮮戦を控えた調整を兼ねる、
キリン杯の初戦は、ペルーが相手である。南米相手にまだ勝ちの無いジーコがどう挑むのか?

 W杯予選南米7位のペルーは、監督が交代したばかり。
若手主体のチームであるが、南米予選でのピッチを目指して、モチベーションは高い。

日本のスタメンは、3バックの左にケガの中澤に代わって坪井。
右の加持に代わって、三浦淳が入った。トップ下は小笠原。
FWは鈴木&玉田の2トップ。ボランチは、福西&遠藤の国内組定番。

 前半キックオフ!
引き気味のペルーだが、日本も攻め手に欠けて、なかなか形が作れない。
ボールを持ったプレイヤーへの寄せが早い!!
すぐに2,3人と寄せてくる。元からトラップが流れる悪癖を持つ日本の選手には、
これが特に効いてくる。ボールは持てても、攻めあぐねる展開。

だが、寄せに人数をかければ当然、OPENスペースが出来、マークの空くプレイヤーが出来る。
更に、ペルーのディフェンスがセンター寄りなのも見受けられる。中に絞るようだ。
見てとったかのように、三浦淳が右サイドを駆け上がり、左サイドへと大きなサイドチェンジ
点にはならなかったが、DFは完全に振られていた。

三浦淳は、右サイドからのミドルシュートでも存在を示す。
結局、抑え込まれた印象のまま、前半終了。

後半キックオフ!!
前半よりはペルーが、前へ出てくるようだ。
玉田が痛んだこともあり、大黒と交代。
大黒はいい動き出しで、ボランチからのボールを呼び込む。

FKは得る日本だが、なかなか決められない。
大黒からチャンスを作り、右・左とセンタリングで振って、センターの遠藤
のボレー気味のシュートも決まらず。

福西→稲本、鈴木→本山へとジーコが動く。

ペルーのチロキ(160cmそこそこのMF)にボランチがすり抜けられ、シュートされる場面も。

本山・大黒などの動きに小笠原・稲本が合わせ、チャンスは
作るものの決まらない展開のまま、ロスタイム。

三浦淳のロングスローも、高いペルーDF陣に撥ね返され、
2ndボールも拾われ、カウンターに。3 VS 3の局面に持ち込まれ、
GOALを決められた。

ロスタイムでの失点!!
20050522185742.jpg


0-1で日本は敗れた

20050522190412.jpg


今回の収穫があるとしたら、やはり三浦淳が右でも使えることが確認されたことだろう。
元々は左サイドだが、神戸に移ってからはTOP下もしてるしね。
田中マコとの連携は、まだまだだったけど、加持が特別いいってもんでもないだろうし。

今後というか、相変わらずの課題

・トラップがデカい!足元で止められないから、寄せる時間を与える。
・CBがデカい相手だと、CK・FKという得点減でのオプションが少なすぎる。中澤頼みじゃしょうがない。
・ノートラップや1タッチなど、スピードの変化に乏しい
・ミドルシュートが少ない、FKのキッカーが多いのにミドルをなぜもうちょっと打たない!

・つーか、決定力不足!!っていつまで言わす。

追記)
 先発FWの鈴木と玉田。二人でシュート5発、枠にいったもの『0
って、゛(*бoб)ゝお~~~~~~~い☆
やっぱさ、大黒みたくJで調子良いの使おうよ、ジーコ。

次戦のUAE戦では、ましな試合を見せてくれ!!
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【キリンカップサッカー】けたぐりで転ぶガラスの巨人 ~日本0-1ペルー

 ボクシングでいえば、撃ち合おうとするとクリンチに持ち込まれ、ズルズルと相手のペースにされた試合だった。ペルー戦の敗戦をことさらあげつらうつもりはない。だが日本のサッカー界は、世界における日本代表の位置づけを、もう見直すべき時にきている。「大いなるカンち

大黒 将志の課題 キリンカップサッカー 2005 日本代表 vs ペルー代表

勝った負けたはいいとして、いい年の日本代表がまだまだ若いペルーの選手に、ボールの持ち方で負けるのは頂けないね。試合展開は似たような感じだったと思う。でも見ててストレスがなかったのは、ペルーの方だった。ディフェンスの選手が詰められても、落ち着いてかわしたり

相変わらずの代表戦。

今日もジーコジャパンは不完全燃焼なゲームを繰り広げる始末。後半は多少チャンスもあったらしいが前半のゲーム内容がさぶすぎて途中からお昼寝突入してたからあんまり見てないけどもー。。。せっかくのシュートチャンスも鈴木隆行のシュートは枠に行かず。大黒のヘッドはバ

日本代表、0―1でペルーに敗れる サッカー・キリン杯

 サッカー・キリンカップの日本―ペルー戦が22日、新潟スタジアムであり、後半のロスタイム、相手に縦パスからのゴールを許し、0―1で負けた。  W杯最終予選の後半に向けて弾みをつけたいところだったが、ジーコ監督は試合後「シュートの大切さを学んだ」と話した。(

コメントの投稿

非公開コメント

■さめさん

 コメありがとー。
つーか、すげー前のエントリーに付けてくれたんだ。(^o^)

そうだね、稲本もスタメンではしばらく見てないから、
早く見たいよね。
でもヒデが下がりめでとなると、出番が。。。

稲本選手、スタメンに出てーーーーーーーーー!!!

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © katu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。