徒然なる日々

凸 ♂好きなオトコの語り場 凹

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rd 7:EUROPEAN GP~明暗~

2005-06-03
モノこと
 Monacoとの連戦で迎えた、ニュルブルックリンクでのヨーロッパGP。
Raceコンディションでの土曜の一発予選に変更になった初戦である。
先陣をきるのは、復帰のB・A・R Honda=琢磨である。
エンジン換装は許さないというFIAの裁定、相変わらずイジメられてるんやね~。

初めてのPPのニック・ハイドフェルドライコネンがフロント、3戦ぶりに全20台が並ぶ。
フィジケラがエンジン・ストールでやり直し、1周減算に。

Nurburgring1.jpg

残り59周として、スタート。
Nurburgring2.jpg

ライコネンが前に出るが、1コーナーでウェーバーとモントーヤが当り、ラルフとアロンソも当たったようだ。
Nurburgring3.jpg

結果、ウェーバーがリタイア、ラルフ&琢磨が緊急Pitを強いられることに。
オープニング・ラップを制したのは、ライコネン。ハイドフェルド、ヤルノ、4番手にはクルサードがジャンプUPしている。

しかし、8周目にヤルノ=TOYOTAにペナルティ。
スタートの15秒前に離れなきゃいけないメカニックだが、遅かったとの判定だ。
23周目には、クルサードにペナルティ、こちらはPitレーンのオーバースピードだ。

レース終盤、トップ争いはライコネンとアロンソに絞られる。
ライコネンの右フロントの磨耗が激しく、かなりバイブレーションが出ておりペースが上がらない。
アロンソが激しく追い上げる。

ついに迎えた、ファイナル・ラップ。その差1.5秒のギャップだが、ここにドラマがあるとは。

Nurburgring5s.jpg

Nurburgring7s.jpg

バイブレーションの続いたライコネンの右フロントが、ここで限界を迎えた。サスペンションが折れたのか、
コースアウトを喫しリタイアを余儀なくされる。

これで勝利はアロンソ=ルノーのものに。
Nurburgring6s.jpg


01 F.アロンソ ルノー 1h31'46"648 198.555 Km/h
02 N.ハイドフェルド ウィリアムズ + 0'16"567 197.960 Km/h
03 R.バリチェロ フェラーリ + 0'18"549 197.889 Km/h
04 D.クルサード レッドブル + 0'31"588 197.423 Km/h
05 M.シューマッハ フェラーリ + 0'50"445 196.753 Km/h
06 G.フィジケラ ルノー + 0'51"932 196.700 Km/h
07 J-P.モントーヤ マクラーレン + 0'58"173 196.480 Km/h
08 J.トゥルーリ トヨタ + 1'11"091 196.025 Km/h
09 V.リウッツィ レッドブル + 1'11"529 196.009 Km/h
10 J.バトン B・A・R Honda + 1'35"786 195.161 Km/h
11 K.ライコネン マクラーレン 1 lap(s)
12 佐藤琢磨 B・A・R Honda 1 lap(s)
13 J.ビルヌーブ ザウバー 1 lap(s)
14 F.マッサ ザウバー 1 lap(s)
15 T.モンテイロ ジョーダン 1 lap(s)
16 N.カーティケヤン ジョーダン 1 lap(s)
17 C.アルバース ミナルディ 2 lap(s)
18 P.フリーザッハー ミナルディ 3 lap(s)
19 R.シューマッハ トヨタ 26 lap(s)
20 M.ウェバー ウィリアムズ 60 lap(s)



結果はともかく復帰戦を2台完走で終わった、BAR
Nurburgring4.jpg

次戦では、更に調子を上げてくれ。

F1サーカスはヨーロッパを離れ、アメリカ大陸へ。
カナダGPでは、何が待つのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

許してちょ

■向日葵ねー
 待たせてスマンこってす(;б。б)ゞ ゴメンネェ...
サッカーも予選佳境だし、ハードゲイは腰振るし。。。(^o^)
旦那も好きなんだ、一緒に見てるんだ?

確かにバトルじゃなく、タイヤで着いた決着だからね。
でも今年のレギュレーションを体現したとも言えるよね。

次は、エンジンも新しいし、予選順もそこそこだからさ、
BARは頑張って欲しいやね。
琢磨もレースじゃなくCMでばっか見てるしさ。(笑

今回、アップまで長かったじょお。
旦那以外でF1話ができるの、かっちゃんしかいないから淋しかったわ~。ラヴかっちゃん(^ε^)

このGP最後がイマイチだったよね。アロンソが買ったのはうれしかったけど、たなぼたじゃね~( ̄~ ̄)
いい感じで追い上げてたから、最後の最後までバトルが観たかった…。

次のアメリカ、カナダGPは、BARホンダが何処まで上位に食い込んでくるか楽しみだね♪

拓磨に頑張ってほしいね♪(≧▽≦)

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © katu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。