徒然なる日々

凸 ♂好きなオトコの語り場 凹

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう誰のためでなく、己のために!

2004-08-17
サッカー日本代表
イタリアに敗れたことで、予選敗退の決した男子サッカー。
選手はあまり責めたくはない。というか、彼らの現在の実力の全部とは
言わないが、ある程度は出せたと見えたから。

やはり山本監督と、それを選んだ協会の責任であり問題だったのでは
ないかと思う。










最後のイタリア戦でのあなたの采配は、なんだったんでしょうか?
なぜ、4バックしかも以前に経験のない並びで。
日韓WCの時、トルシエがトルコ戦で変化を選んで敗れたのを、
あなたは見ていたのではないですか?

今のオリンピック世代の彼らの実力では、即座に新システムに
対応するのは難しいものがあったはずです。
だが、初戦で崩れた守備陣に対して、あなたはDFの枚数を増やす
という決断しか出来なかったのですね。

予選の時に、あれだけ愚直に戦い続けて、勝ち取ったはずの
オリンピックの切符だったはずです。あなたが求めた
『戦う心』をピッチで表現しようと必死であった選手を、
最後まで信じてあげることは出来なかったのでしょうか。














ドイツ2006への道程と何度もおっしゃってましたが、予選で負けた
ものの前には、道はつながってないのですよ。
今、目の前にあるものを掴み取れないのに、先にあるものをどうして
掴めるのでしょうか?

山本監督、あなたに求められたものは『試す』ことではなく、
『結果を出す』ことであったのです。


もう結果は出てしまいました。
でも試合はもう一つ残っています。最後のガーナ戦は、
OAを外して、この世代の選手だけで試合をさせてあげて下さい。
もうこの世代での試合はないのですから。

そして選手達は、自分たちがやりたいサッカーを世界に見せて下さい。
誰かが、あなたのプレーに目をとめるかもしれません。
己のチャンスを掴み取るために、最高のプレーを。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © katu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。